コラム

借金問題の解決方法!返済できないお金の問題を合法的に解決

借金問題を解決

借金問題を合法的に解決する方法はあるのでしょうか?

はい。あります!
それをここではご紹介します。

借金が返せなくなってしまった人を救済するための制度があるのをご存知でしうか?

それが「債務整理」です。

債務整理とはその名の通り債務、つまり借金を整理して借金で身動きがとれなくなってしまった状況を改善するための手続きです。
借金は期限までにきちんと返済するのが当然ですが事情により返済が難しくなってしまう人もいます。

債務整理とはそんな借金によって人生が立ちゆかなくなってしまいかねない人を救済するための制度であり、借金に苦しむ人の最後の希望です。
債務整理とひとくちにいっても方法は一つではありません。

借金の金額や状況によりふさわしい方法を選ばないと債務整理そのものに失敗してしまう可能性があります。
人生を新たにやり直したいのなら債務整理の基本知識を身につけて現状にふさわしい方法を選びましょう。

任意整理で借金問題を解決する方法!

借金返済できた女性

債務整理手続きの中で最も利用件数が多いのが「任意整理」です。

任意整理は任意の話し合いによって成立するのが最大の特徴で、他の方法とは違い裁判所など公的機関の仲介や判断を必要としません。

そのため成立までのスピードが早く債務整理をした事実に関する公的な記録なども残らないことから最も多く利用されている手続きです。

債務整理件数全体のうち任意整理は約9割を占めており、債務整理といえば任意整理をイメージする人も多く見られます。
任意整理は任意の話し合いによって成立するので自力で手続きを進めることも可能です。

しかし、借金のプロである債権者との話し合いを成立させるのは素人には難しく自力解決は現実的ではありません。
ほとんどの人は弁護士もしくは司法書士に代理人を依頼して任意整理を行います。

勘違いされることも多いのですが任意整理で借金そのものがが減ったり消えたりすることはありません。
任意整理は基本的に借金完済を前提にした手続きであり、優遇措置として認められるのは返済期限の見直しや将来利息の一部カットなど返済負担軽減につながる措置のみです。

任意整理が成立しても元本は変わらず最長3年に再設定された返済期限まで返済を続けて完済をめざします。
任意整理は借金額が比較的少なく返済能力がある人に向いている方法です。

返済義務は残りますが任意整理後は毎月の返済金が増えることはないので定期的にきちんと支払えば借金は必ず完済できます。
金融機関には情報が記録されるので新たな借金やカード発行等は5年間できなくなりますが、公的記録として債務整理の事実が公表されることはありません。

成立見込みも最も高く、債務整理するなら一番に候補に上がる手続き方法です。

特定調停で借金問題を解決する方法!

裁判所が債権者と債務者の間に入り話し合いで成立を目指す債務整理が「特定調停」です。

特定調停は債務整理の仕組みそのものは任意整理に非常に似ています。
違うのは任意整理があくまで私人が行う任意の話し合いで進められるのに対し、特定調停は裁判所が両者の話し合いを仲介する点にあります。

弁護士や司法書士を代理人に建てた場合は債権者への連絡や書類作成など事務的な手続きは全て丸投げできますが、個人で債務整理を進める場合は話し合いの場を設けること事態が簡単ではありません。
特定調停はそんな面倒な手続きを裁判所の立ち会いのもとで進められる方法で、債権者の呼び出しや和解調書の作成などは裁判所の名のもとに行われます。

特定調停が向いているのは任意整理を自力で手続きしたい人です。
特定調停では個人の力で難しい部分を裁判所がサポートしてくれるので自力での借金問題解決も可能です。

ただし話し合いそのものは債権者と債務者間で行われ裁判所は口を挟みません。
和解が成立するかどうかは交渉次第で不成立になるケースも多く見られます。

マイホームを守るため個人再生で借金問題を解決する方法

債務整理はしたいけどマイホームは手放したくない人にふさわしいの「個人再生」です。

個人再生は住宅ローンを以外の借金問題を解決する債務整理手続きでマイホームを処分することなく借金を減額することができます。
一般的な借金交渉ではマイホームを売ったお金で返済するよう求められますが、個人再生ならマイホームを守りながら債務整理が実行できます。

個人再生で整理対象になる借金は住宅ローンを除く債務全額ですが手続きを進めるには2分の1以上の同意が必要になります。
複数から借り入れている場合は2分の1以上の同意が得られなければ個人再生を開始することはできません。

個人再生が成立すると債務は最大で5分の1にまで減額されます。
認められる返済期間は3~5年ですが債務総額そのものが減額されるので軽減幅は大きく、債務整理後も一定の資産は守れるので生活に大きな影響を与えずに借金問題を解決できます。

ただし手続き自体が煩雑で話し合いもこじれることが多いので、成立までに時間と費用がかかるというデメリットも有ります。

自己破産で借金問題を解決する方法!

債務整理の中でも最も強い効力を持つのが「自己破産」です。

自己破産手続きが成立するとその時点ですべての債務が免責、つまり借金がゼロになります。
それまでにどれだけ借金が膨らんでいようと成立時点でチャラになる非常に強力な手続きですがそのぶん成立には厳しい条件が設けられています。

自己破産では借金の使途や目的が問われます。
浪費や遊興、ギャンブルなどを目的とした借金は自己破産が認められません。

自己破産の対称となるのは生活苦や治療費の工面などやむを得ない理由での借金のみに限られます。
自己破産手続きでは資産を整理し借金を返済した上で残る債務が免責対象です。

つまり自己破産すると保有する資産を失うことになるため、マイホームや自動車を保有し続けることはできません。
ただし、自己破産手続きでは生活に必要な最低限の資産に関しては所有が認められます。

99万円以下の現金や生活家電、衣類や基本的な家具などが生活に必要な最低限の資産として認められているのでいきなり生活に困ることはありません。
自動車も時価20万円以下であれば保有が認められます。

資産は裁判所により徹底的にチェックされるので隠すことは不可能です。
資産隠しが発覚すると自己破産は認められません。

自己破産は基本的に一度だけしか認められません。
借金をゼロにできる強力な方法ですが安易に利用すべきではないので専門家とよく話し合った上で手続きを検討してください。

まとめ

借金問題を解決する方法があるということはご理解頂けたでしょうか。

債務整理は、裏技ではありません。
法律に則り借金問題を解決する方法です。

1つ注意点があります。
債務整理には、時効があります。
そのため「思い立ったが吉日」という言葉があるように、すぐに専門家に相談するのが非常に大切になります。

でも、どこに相談したら良いの?
お金のことなのでなかなか相談しにくいんですけど。
忙しいので相談するひまがないんだけど。

などに該当する方は、以下のツールをまずは使ってみましょう。

【AT独占】アルスタ司法書士事務所 [債務整理]

こちらは、債務整理をすると、あなたの借金問題がどれぐらいかたずけられるのか?ということがわかるツールです。

使い方はすごく簡単。
上のバナー「減額診断を試してみる」をクリック。
次に4つの質問に回答するだけ!

無料で使えますので、さっそくご活用ください。

ABOUT ME
田中浩二
借金により命を落としてしまう人がいます。かけがえのない命。たかが紙切れのために大切な命を失う必要はありません。たかがお金です。法律の力で解決しましょう。そう強く思う筆者です。