任意整理

任意整理を司法書士・弁護士に断られるケースはあるの?その時の解決策は?

任意整理を司法書士弁護士

任意整理を司法書士や弁護士に断られるケースがあるって本当でしょうか?

任意整理について調べていると、『断られるケースがある』といった情報を目にすることあります。

費用を払えない時?
ギャンブルで作った借金の時?
実態はどうなのでしょうか。

もし本当なら、解決策はあるのかも気になります。
任意整理できる条件は、私たちには判断がつきませんので不安になりますよね。

そこで今回は、任意整理を断られるケースはあるのかどうか徹底的に調べてみました。
他にも、闇金の借金は任意整理できるのかどうかや、事務所探しに便利な『借金減額診断シミュレーター』の情報も掲載しています。

では早速、見てみましょう。

任意整理を司法書士・弁護士に断られる5つの理由

結論から申し上げると、実際に任意整理を司法書士や弁護士に断られるケースはあります。

一般的に考えられるのは、以下の5つのケース。

1.借金額が多すぎて任意整理が効果的でないケース

任意整理は将来利息をカットし、3~5年間を目処に完済を目指す債務整理の方法。

そのため、将来利息をカットしても多額の借金が残ってしまう場合、返済期間を延ばしても毎月の返済額が多くなる可能性があります。
法律家が、あなたの現状の収入と任意整理後の借金額を照らし合わせ、継続的な返済が困難なことが目に見えている場合は断られることがあります。

解決策は?

借金額が多くても、グレーゾーン金利で借りていた場合は話が少し変わります。

利息制限法に基づいて引き直し計算をすると、実は借金がほとんど残らないというケースもあります。
まずは無料相談を利用して、法律家に状況を確認してみましょう。
複数の無料相談を利用するのがコツで、その中で一番親身に対応してくれた法律家に依頼するといいでしょう。

2.無職または収入が極端に少ないケース

任意整理をしたからといって、個人再生のように借金が大幅に減ったり、自己破産のように借金が無くなるわけではありません。

コツコツ返済していかなくてはならないので、月々の安定した収入がなければ返済そのものができないため、任意整理は難しいでしょう。
ただ、無職だからといって任意整理できないとは限りません。

例えば、親や兄弟、夫や妻から毎月返済できるだけの金額を長期的に協力してもらえるならば話は変わってきます。
確実にそれが可能となるならば、任意整理できる可能性はあります。

解決策は?

何らかの事情で仕事を辞めてしまったなら、任意整理の相談の前に安定した収入を得られる仕事を見つけるというのも方法の一つです。

親や兄弟、夫や妻に協力をしてもらえるなら話は早いですが、まずは借金のことを正直に話す必要がありますね。
いくら身近な人間でも、理由も知らせずに「毎月お金を用立ててくれ」などとお願いするのは、虫が良すぎます。

まずは冷静に自分が任意整理を検討している事実を伝え、毎月決まった金額を協力してもらえるかどうか相談してみるのもアリです。
借金を一括で返せるぐらいの金額を貸してくれる人がいれば助かりますが、世の中そんなに甘くはありません。

自分で仕事を見つけるか、家族に協力を求めるかのいずれかが現実的ではないでしょうか。

3.任意整理費用が払えないと判断されたケース

司法書士や弁護士は慈善事業ではなく、ビジネスとして任意整理を請け負っています。

なので、どんな手を尽くしてもあなたが任意整理費用を払えないというのであれば、残念ながら任意整理を断られてしまいます。
任意整理は、貸金業者1社につき着手金は2万円~5万円程度が相場です。

料金体系は事務所により様々ですが、借金額を減額できた場合に、減額できた割合に応じて減額報酬金が発生することもあります。
これらの任意整理費用が払えないと判断されてしまうと、断られてしまう可能性が高いです。

解決策は?

『とにかく費用の安い事務所を利用すれば良い』と思われがちですが、実はそうではありません。

目先の費用の安さだけを見るのではなく、費用の分割払いや後払いが可能な事務所かどうかを見るべきです。
分割払い等に対応している事務所が最寄りに無いのであれば、全国対応の分割・後払い可能な事務所に相談するのも効果的です。
中でも、無料相談を行っている事務所なら更に安心です。

4.貸金業者に任意整理を断られるケース

相談した法律家が任意整理できると判断しても、貸金業者から任意整理を断られるケースがあります。

例えば、あなたが借金を一度も返済していない場合や、貸金業者の方針で『一切応じない』と拒否を通しているといった場合。
なぜこのような事態が起きるかと言うと、貸金業者に任意整理を受ける『義務』がないためです。

任意整理は、当初の貸金業者との約束を守れなかったあなたの都合で『借金を減額してもらえないか』とお願いする要素が強い債務整理です。
この『お願い』に応じるか、応じないかは貸金業者次第というわけ。
残念ながら、応じてもらえない場合でも法的な拘束力はありません。

解決策は?

貸金業者に任意整理を断られた場合の解決策は2通りあります。

1.個人再生や自己破産を検討する
2.提案を妥協する

1つ目の、個人再生や自己破産を検討する方法。

これについては、個人再生や自己破産は法律による強制力の強い手続きなので、たとえ貸金業者が拒んだとしても債務整理は通用します。

2つ目の、貸金業者に提案した返済計画を妥協する方法。

これについては、ある程度貸金業者が納得するような返済計画を提案する形にすると応じてもらえる可能性はあります。

例えば、5年で返済する計画を3年にするとか、最初に頭金を入れるなどです。
どちらの解決策にしても、依頼した法律家が判断することになるでしょう。

もし、依頼した法律家の判断に納得ができないのであれば、より任意整理に強い法律家に無料相談するのもアリです。

5.返済意欲が著しく欠如しているケース

既にお伝えした通り、任意整理は手続き後3年~5年かけて返済をしていく手続きとなります。

そのため、相談の段階から返済意欲が著しく欠如している様子が見られる場合は、任意整理を断られることがあるかもしれません。
また、任意整理をしたからといって何度も何度も返済遅れが許されるわけではありません。

『返済遅れは2回までだよ』など、和解交渉の際には条件が定められるからです。
何度も延滞を繰り返して連絡すら取れなくなると、裁判になって複雑化することもあります。

解決策は?

任意整理をしたいと思うなら、まず大前提としてしっかりと3年~5年かけて『払っていく!』という強い意志を持つことです。

見事に完済すれば貯金だってできますし、借金とは無縁の生活が送れるのです。

「自分には払っていく自信がない」という不安についても大丈夫。
事務所によっては、月々返済分のお金をあなたから預かって各貸金業者に振り分けて払ってくれるシステムもあります。

「何が何でも完済してやる!」という気持ちと、モチベーションが一番大事です。
完済できなければ、いつまでもあなたの借金生活は終わらないのですから…。

闇金問題は債務整理とは別の手続きが必要

意外と知られてないことですが、任意整理を含む債務整理をしても闇金の借金は解決しません。

同じ借金問題ではありますが、一般的な貸金業者を相手にする債務整理と違法業者を相手にする闇金対策とでは、手続きが異なるからです。
しかも、闇金対応をしてくれる事務所は国内には数えるほどしかありません。

そのため、「任意整理の依頼は受けてもらえたけど、闇金の相談は断られた」このようなことは、珍しい話ではないのです。

あなたがサラ金やクレジットカード会社など複数社から借金があり、尚且つ闇金からも借金をしているという状況なら、ここで一つアドバイス。
必ず、『闇金対策を得意としている事務所』を選びましょう。
そうすることで、闇金の借金は解決します!

闇金に強い専門家を知りたい人は、以下の記事が参考になります。

闇金弁護士
闇金に強い弁護士・司法書士事務所ランキング早見表|費用や電話対応は?闇金に強い弁護士・司法書士事務所をランキング形式にまとめてみました。公式サイトや口コミでは読み取れない「電話対応の良さ」は不安要素ですよね。今回は対応の良さに重点を置いて各事務所に電話をした上でランキング化しています。他にはない赤裸々な情報もありますので、「無料相談は不安」という気持ちを、少しでも解消できたらと思います。...

任意整理を断られたら別の司法書士・弁護士に相談してみるのもアリ!

任意整理を断られるケースは、実はもう一つだけあります。

それは、相談した事務所が利益だけを考えて、話もろくに聞かずに最初から自己破産をやたらと勧めてくるケースです。
そのような怪しげな事務所では依頼するべきではありません。
この場合、もしかすると別の事務所でなら、あっさり任意整理を引き受けてもらえる可能性があります。

自分で一から事務所探しをすることに不安を感じているなら、確実に債務整理に強い事務所を見つけられる方法があります。
それは、『借金減額診断シミュレーター』というものを使って相談する方法。

私が実際に試した借金減額診断シミュレーターは、司法書士事務所や弁護士事務所が運営している『無料』で利用できるものなので安心。

「最寄りの地域で債務整理に強い事務所を探したい!」
こんな時に大活躍の『借金解決ゼミナール』もオススメです。
この借金解決ゼミナールも無料で利用できます。

借金を減額したいあなたに
借金を減額したいあなたに!借金減額診断シミュレーター7選を紹介借金減額診断シミュレーターを使えば、あなたの借金が減らせるかを無料で診断可能。オススメのシミュレーター7選の口コミも調査。 ...
借金解決ゼミナール
借金解決ゼミナールの口コミ|電話の有無や利用手順は?怪しいのか徹底調査借金解決ゼミナールの口コミを調査し、電話の有無や利用手順など『怪しいサービス』なのか考察。無料借金減額シミュレーターを実際に利用。 ...

まとめ

任意整理を断られるケースは

任意整理を断られるケースは確かにあることが分かりましたね。

しかし、任意整理は債務整理の方法としては大変有効な方法で、メリットが多くデメリットが少ないため、最も多く利用されている手続きです。
任意整理を断られることを回避するためには、『心づもり』と『返済の準備』も必要だということも理解していただけたはずです。

最初の事務所選びが鍵となるので、失敗しないように慎重に行わなくてはいけませんね。
借金減額診断シミュレーターを使うなどして、あなたにとって一番良い事務所探しをして頂けたらと思います。